スズメバチの習性|ハチを素人が退治するのはとても危険な行為
作業員

ハチを素人が退治するのはとても危険な行為

スズメバチの習性

女性作業員

スズメバチ駆除のためにはスズメバチ自体の知識を深めることが先決です。数多くあるハチの中でももっとも獰猛な性格をしていて攻撃力が高いハチです。スズメバチは基本的には春から秋にかけての時期に活動をします。春になって冬眠から目を覚ますと巣を作り始めます。このとき巣を作るのは女王蜂1匹です。夏になる前くらいに働き蜂が羽化してきてどんどん数が増えて生きます。そのため、このようなハチの被害を抑えるために巣を駆除する必要があります。しかしながら、スズメバチ駆除はあらゆる駆除の中でも非常に困難を極めます。これは巣に近づくだけで大群になって攻撃してくるからです。スズメバチ駆除ではくれぐれも慎重な行動を心がけましょう。

スズメバチ駆除の具体的な方法としては、やはり殺虫剤による駆除がもっとも効果的です。夏場の繁殖期はすべてのハチが普段以上に獰猛な性格になりやすいですが、これはスズメバチも例外ではありません。そのため、スズメバチの巣に殺虫剤を噴射するときには活動休止状態になる夕方から夜にかけて行うことがベストです。スズメバチは昼行性なので、昼間にはくれぐれも行わないように注意しましょう。また、夜行う場合であっても、防護服を着用することは必須です。雨合羽を全身に着て、手袋と帽子も忘れないようにしましょう。肌が露出することのないように配慮した上でスズメバチ駆除を行います。ちなみに、色はできれば白色がいいです。黒や黄色だとスズメバチを刺激することがあります。