ダニが発生したときの対応|ハチを素人が退治するのはとても危険な行為
作業員

ハチを素人が退治するのはとても危険な行為

ダニが発生したときの対応

主婦と作業員

ダニの発生

ダニは特に夏場の高温多湿の条件下で発生しやすい。室内のチリの有機成分はダニが繁殖するために必要で、特に長年使用している寝具はダニが発生する好条件となっている。チリダニが発生すると、チリダニが原因となってアレルギー喘息や鼻炎を発症しやすくなる。死骸や糞が呼吸の際に鼻から侵入し、さらに期間にまで到達するためである。このほか、ビゼンダニによる皮膚病を発することがあるし、イエダニは人間を刺すこともある。これらのダニは肉眼で見ることが難しいため、発生しているかを直接確認することは困難である。ダニが発生しにくい条件、例えばこまめな掃除、湿度管理、ダニ退治用シートの設置などで発生を抑制することはできるが、その効果を確実に検証することは難しいし、完全なダニ駆除はできないと考えられる。

適した対処方法

ダニ駆除を確実に実行するためには、薬剤を使用した方法を採用したい。もっとも効果的と考えられるのはくん煙剤やスプレー剤の使用である。これらの成分はダニなどの生物を殺虫する成分が多量に含まれているため、効果的にダニの駆除ができるものと考えられる。ただし、くん煙剤は室内全体に薬剤が散布されるため、室内の事前準備が必要な点に注意したい。また、これらの薬剤を使用してダニ駆除を実施しても、その死骸は残存することになる。薬剤を使用した後は掃除機でダニの死骸を回収し、ダニ駆除を完結させたい。日常的な生活の中で行う布団干し、こまめな掃除に効果は認められるものの、その効果は薬剤の使用に比して小さい。特にダニに対する被害を感じる場合は、早めに薬剤を使用したダニ駆除を試し、効果の有無を判断しておきたい。