頭を抱えるレディ

ハチを素人が退治するのはとても危険な行為

スズメバチの習性

女性作業員

スズメバチ駆除の前にスズメバチの知識を深めることが大切です。夏場は繁殖期ということもあって攻撃性が普段以上に強くなっています。昼ではなく夕方以降に防護服を着用した上で殺虫剤をスズメバチの巣に噴射しましょう。

詳細を読む

作業目安を守るべきです

作業員

蜂の巣などを発見して、駆除をする場合には、刺されるとアレルギー症状を引き起こす危険性を認知しておく必要があります。専門業者に駆除をしてもらうのであれば、料金や実績などを参照して、質問なども予め行った上で選定する事がポイントになります。

詳細を読む

ダニが発生したときの対応

主婦と作業員

ダニは身近な生物であり、目視での確認が難しい。体質によってはアレルギー喘息などを引き起こすこともあるので、被害を感じたら速やかにダニ駆除を行いたい。日常的な布団干しや掃除などでは対策が不十分となりやすいので、薬剤を使用したダニ駆除を実施することが効果的と期待される。

詳細を読む

専門業者が害虫を徹底駆除

困るレディ

ハチ退治業者に依頼すると、個別のケースに応じたベストな方法で退治をしてもらえるのが特徴です。その流れとしては、まず事前調査から始まります。ハチの種類や、数、巣の位置や大きさなどを分析します。そこから、そのハチに効果が高い退治方法を計画していくのが一般的です。次に、実際の作業となります。経験と知識が豊富なスタッフが、専用の防護服や薬剤を用い、徹底退治をします。作業の際には、近隣に事前にお知らせするなどの配慮もあるので安心です。最後に、巣の完全撤去と清掃を行います。この時のポイントは、戻りハチの対策です。粘着シートを設置するなど、ハチが戻っても巣を再び作ることのないよう、徹底した予防策を講じます。

業者に依頼すると、スタッフにより、現場の状況の調査が行われます。その結果に応じて退治作業の内容が決まっていきますが、依頼者が申し込み時にある程度状況を説明しておくことも大切です。そのことにより、現場の把握も早く進み、速やかに退治作業にうつることが期待できるからです。ハチの数や巣の大きさなど、大まかなことを伝えておくだけでも、業者の理解が進みます。もちろん、無理をして近づき危険を冒して調べる必要はありません。見える範囲で、できるだけのことを説明する努力をすればよいのです。ハチの種類が特定できることもありますので、家の中など安全なところから、よく観察して個体の特徴を観察しておくこともおすすめです。